診療のご案内

医師紹介

(医)正明会 理事長

諸岡 正明 もろおか まさあき

出身校
昭和37年 九州大学医学部卒業

専門分野
脊椎
資 格
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会認定スポーツ医/日本整形外科学会認定リウマチ医/日本リハビリテーション学会認定臨床医/日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
所属学会
日本整形外科学会/日本リハビリテーション医学会
職 歴
昭和37年 九州大学医学部卒業
昭和38年 九州大学医学部整形外科入局
昭和43年 医学博士
昭和48年 九州中央病院整形外科部長
昭和53年 那珂川町にて整形外科クリニック (19床)院長
昭和61年 那珂川町にて整形外科病院 (54床)院長
平成 6 年 医療法人 正明会 諸岡整形外科病院 理事長兼院長
平成13年 医療法人 正明会
諸岡整形外科病院/諸岡整形外科クリニック 理事長
メッセージ
四肢、躯幹の運動器疾患である整形外科の病気は、医療機関での特別な治療(薬や手術など)を必要としない場合も多々あります。まずは、個々の病態を正確に把握した上で、職場や家庭での日常生活動作、運動や食事内容を配慮することから始まります。私達、整形外科医は、正確な病気の診断を行い、高度な専門的知識に基づいた的確な医療的アドバイスを行う役割を担っております。昨今、整形外科の領域では、ロコモティブ症候群、サルコペニア(加齢性筋肉減少症)という病態を意識しております。腰痛、四肢の痛みなどを契機として、日常の歩行や運動の機会が少なくなり、それによる筋肉の退行・萎縮によって四肢運動に必要なバランス感覚・筋力の減少による転倒発生、それによる骨折、寝たきり化などの2次的な問題が発生いたします。今後の整形外科医療は、可能な限り手術を避け、手術を要する時でも、それによる侵襲を極力最小化させつつ医療介入の必要な治療期間も短くなっていく方向にあります。そのような大きな役割を担い、日進月歩の医療に対し、日々たゆまぬ努力と研鑽を重ねていく所存です。

(医)正明会 副理事長

諸岡 孝明 もろおか たかあき

出身校
平成7年 九州大学医学部卒業

専門分野
膝関節
資 格
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会認定リウマチ医/日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医/日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医/日本リウマチ学会認定リウマチ指導医/日本体育協会公認スポーツドクター
所属学会
日本整形外科学会/西日本整形・災害外科学会/日本臨床バイオメカニクス学会/日本リウマチ学会/日本リハビリテーション医学会/日本骨折治療学会/日本人工関節学会/日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
職 歴
平成 7 年 九州大学医学部卒業
九州大学病院研修医(整形外科)
平成 8 年 北九州市立医療センター研修医(整形外科、麻酔科)
平成12年 医学博士
国立病院九州医療センター整形外科・リウマチ科レジデント
平成13年 飯塚病院整形外科医長代理
平成14年 九州中央病院整形外科医長
平成16年 九州大学病院救急集中治療部助手
University of Florida,Research Scholar(生体膝、人工膝関節置換術)
平成18年 九州労災病院整形外科(膝関節、リウマチ性疾患、外傷)
平成20年 九州大学整形外科特任助教(膝関節、骨軟部腫瘍)
平成21年 医療法人 正明会 諸岡整形外科病院副理事長
メッセージ
医療は日進月歩で完成することはありません。より良い治療提供のため、日々勉強し工夫を重ねて参ります。

病院長

増田 祥男 ますだ さちお

出身校
昭和43年 九州大学医学部卒業

専門分野
骨軟部腫瘍
資 格
日本整形外科学会専門医/日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
所属学会
日本整形外科学会/西日本整形・災害外科学会
職 歴
昭和43年 九州大学医学部卒業
九州大学医学部整形外科入局
昭和47年 国立福岡中央病院 整形外科
昭和50年 国立がんセンター病院(東京)整形外科(骨軟部腫瘍)
昭和54年 九州大学医学部付属病院 整形外科 助手
昭和56年 医学博士
昭和61年 九州大学医学部付属病院 整形外科 講師
平成元年 九州中央病院 整形外科 部長
平成 6 年 九州中央病院 医務局長
平成12年 九州中央病院 副院長
平成16年 医療法人 正明会 諸岡整形外科クリニック 院長
平成18年 医療法人 正明会 諸岡整形外科病院 院長
メッセージ
外来の診療はまず患者さんの訴えをよく聴くことから始まります。よく聴くことにより色々な病気が頭に浮かんできて、誤診をしないで済むからです。私たち医師は、大学での教育、研修先の病院の先輩たち、あるいは医学書などから学んだ知識や技術を基に患者さんに医療を施している訳ですが、やはり一番大事なことは、患者さんからの訴えをよく聴いて、正確な診断を下し、その患者さんにもっとも適した医療を提供することにあると思います。患者さんの訴えが手のしびれであった場合、頭から頚椎、上肢についてあらゆる可能性を考えねばなりませんが、まず、患者さんが表現するしびれが何を意味しているのか、よく聴かなければ私たちが医学的に考えているしびれと異なることがあります。すなわち、しびれとは一般的に知覚神経の障害であり、表現型としては皮膚の感覚が鈍いか、逆に敏感になっているのか、あるいは正座のあとのようなジンジン感などがあります。また、時には痛みをともなったり、手の動きが悪くなるような運動神経の麻痺もありますので、患者さんに具体的によくお尋ねする必要があります。しびれの原因を説明する場合、口で詳しく説明したつもりでもなかなか理解が難しいことがあります。多くは手元に判りやすい解剖の本や模型を使って説明することによって納得していただいております。外来診療は時間の余裕がなく、十分に説明を受けられないことがあると思いますが、わたくしは、忙しくても努めて詳しく説明するように心がけております。

医局長

木村 岳弘 きむら たけひろ

出身校
平成14年 高知大学医学部卒業

専門分野
肩関節外科、足の外科
資 格
日本整形外科学会専門医
所属学会
日本整形外科学会/西日本整形災害外科学会/日本肩関節学会/日本足の外科学会
職 歴
平成14年 高知大学医学部卒業
九州大学医学部整形外科入局
平成15年 国立病院機構九州医療センター整形外科 研修医
平成16年 福岡赤十字病院 整形外科
平成17年 九州労災病院 整形外科
平成18年 国立病院機構小倉病院 整形外科
平成19年 国立病院機構九州がんセンター 骨軟科
平成20年 山口赤十字病院 整形外科
平成21年 新日鐵八幡記念病院 整形外科
平成22年 医療法人 正明会 諸岡整形外科病院 整形外科
平成24年 諸岡整形外科病院 手術部 部長
平成28年 諸岡整形外科病院 医局長
メッセージ
平成22年4月より赴任してまいりました。主に四肢の関節疾患を中心に診察をしており、なかでも関節鏡手術を専門としております。もともと関節鏡手術は主に膝関節で行われてきましたが、最近では細小侵襲手術の流れもあり、腱板断裂などの肩関節疾患に対しても関節鏡手術がスタンダードになっております。さらに足関節、肘関節、手関節にも応用され当院でも行っております。
整形外科疾患の治療には手術治療、リハビリ治療、薬による治療、装具による治療があり、組み合わせています。どのような治療が患者さんに最適であるかを計画し提案させて頂くことが整形外科医として最も重要で難しい仕事だと考えております。
少しでも皆様の役に立てるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

麻酔科専門医・標榜医

矢野 高志 やの たかし

出身校
昭和63年 九州大学医学部卒業

専門分野
手術麻酔
資 格
麻酔標榜医 /麻酔専門医
所属学会
日本麻酔科学会
職 歴
昭和63年 九州大学医学部卒業
九州大学医学部附属病院
平成2年 福岡中央病院麻酔科
平成3年 福岡市立こども病院麻酔科
九州大学医学部附属病院麻酔科
平成4年 九州大学医学部附属病院ICU
九州大学医学部附属病院麻酔科
平成9年 福岡市立こども病院麻酔科
平成11年 福岡歯科大学歯科麻酔科
平成13年 蜂須賀病院勤務
平成18年 福岡輝栄会病院
平成24年 諸岡整形外科病院
メッセージ
麻酔方法や麻酔薬は種々ありますが、麻酔薬の選択を誤ると、その副作用により、心臓や肺の機能を弱めたり、持病の誘発や悪化を招くことがあります。麻酔医は、患者さんの術前検査・病歴などを基に、全身状態を把握し、体に負担の少ない適切な麻酔方法を選択します。手術中は、呼吸・循環モニターなどを監視し、安全管理に努めます。

篠原 典夫 しのはら のりお

出身校
昭和37年 九州大学医学部卒業

専門分野
一般整形
資 格
医学博士
所属学会
西日本整形外科学会
職 歴
昭和50年 九州大学病院講師
昭和52年 国立福岡中央病院整形外科医長
平成6年 国立病院九州医療センター整形外科科長
平成8年 同院外来部長
平成10年 社医法市民の森病院学園台診療所院長
平成25年 亀山整形外科医院非常勤
平成27年 諸岡整形外科病院非常勤併任
メッセージ
平成27年5月より週に一度だけクリニックでの診療をさせてもらっています。整形外科医として長らく働いてきましたが、後期高齢者となった時に医師としての能力に限界を感じ、またかねて手術を勧められていた自分の病気のことも気になり、いくつかの専門医の資格は返上し、一度通常の医師の仕事の世界から退きました。その後、病気の治療がうまく落ち着いた頃、ある方のすすめで少しだけ仕事を再開し、続いて当病院にもお世話になることになりました。自分の医師としての力は、働き盛りの先生方に比べると、落ちていますが、身の程をわきまえて診療すれば、まだ人の役に立てることはあるものだなと喜びながら仕事をしています。整形外科は高齢の病人が多い科です。自分でも、手足の力の衰えを痛感し、首の骨の老化のための手の痺れ、痛風発作、小さいながら骨折も経験しました。大きな手術を受けて病気の治療をつくづくと考える機会もありました。長年の経歴にそれらを踏まえて、それぞれの人に少しでも納得していただける治療を考えることができればと考えています。ただ、自分の経験だけでものを考えると、偏った治療になりかねません。せっかく立派な病院で働けるので、大きく目を開いて他の先生方の仕事ぶりも手本にしながらやっていきたいものです。よろしくお願いします。

上田 章 うえだ あきら

出身校
昭和52年 九州大学医学部卒業

専門分野
リウマチ性疾患
資 格
日本リウマチ学会 専門医・指導医・評議員/九州リウマチ学会 評議員/米国リウマチ学会 国際会員/日本内科学会 認定医・指導医・(評議員) ※( )内は過去/日本感染症学会 専門医・指導医・評議員/インフェクション・コントロールドクター/日本医師会認定産業医/ベストドクターズ選出(2016-2017年)
所属学会
日本リウマチ学会/九州リウマチ学会/米国リウマチ学会/日本内科学会/日本感染症学会
職 歴
昭和52年 九州大学医学部卒業
九州大学第一内科入局
昭和58年 福岡市医師会病院
昭和59年 医学博士(九州大学)
University of Alabama at Birmingham(USA) リウマチ内科博士研究員
昭和61年 宗像医師会病院
昭和62年 九州大学病院内科助手
平成元年 宮崎県立宮崎病院内科医長 その後内科部長、総括副院長
平成28年 福岡山王病院
メッセージ
平成28年2月よりリウマチ科内科医師として勤務させていただいております。担当は金曜日(午前および午後)です。
昭和52年に九大医学部を卒業し、内科全般の研修後にリウマチ学を専攻しました。これまで九州大学病院、米国アラバマ州立大学リウマチ科、宮崎県立宮崎病院などで多くの患者さんの診療・研究に携わってきました。
関節リウマチを中心にリウマチ性疾患の診療を行い、良い医療が提供できればと考えています。関節リウマチは当然として、膠原病など多くのリウマチ性疾患の経験がありますので、どんなことでも相談してください。よろしくお願いいたします。

戸伏 倫之 とぶし ともゆき

出身校
平成18年 九州大学医学部卒業

専門分野
循環器内科
資 格
日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医/日本循環器学会循環器専門医
所属学会
日本内科学会/日本循環器学会/日本不整脈心電学会/日本睡眠学会
職 歴
平成18年 九州大学医学部卒業
平成20年 九州大学循環器内科入局
平成27年4月 福岡県済生会二日市病院勤務
メッセージ
週1回術前の方を中心に診察させて頂いております。循環器疾患に関してご不明な点やご心配な点がありましたら、お気軽にお声をおかけください。

坂本 和也 さかもと かずなり

出身校
平成21年 藤田保健衛生大学医学部卒業

専門分野
整形外科一般
所属学会
日本整形外科学会/西日本整形災害外科学会/日本小児整形外科学会
職 歴
平成21年 藤田保健衛生大学医学部卒業
平成22年 聖隷三方原病院 初期臨床研修医
平成24年 横浜市立みなと赤十字病院整形外科 後期臨床研修医
平成26年 下関市立市民病院整形外科
平成27年 北九州市立総合療育センター整形外科
平成28年 地域医療機能推進機構(JCHO)九州病院整形外科
平成29年 九州大学病院救命救急センター
九州医療センター救命救急科
平成30年 医療法人正明会 諸岡整形外科病院 整形外科
メッセージ
患者さんに、安心と希望を提供できる整形外科医を目指しています。
よろしくお願いいたします。